読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トタン倶楽部

トタンの楽しみ。

前書き

プロローグ

// それは突然でした。 9月とはいえ強い日差しの尾頭橋で写真を撮りながら、ぼくは気がついたのです。 ああ、ぼくはトタンが好きなのだ、と。 最初は、『オブスタクル・ライツの記憶』に記事を書こうと思いました。 でも、考えてみたら、ちょっと他の記事と…